Adobe AIR

Adobe AIR は、Adobe Systemsが提供している、デスクトップ・リッチインターネットアプリケーション (RIA) およびスマートフォン・タブレット・スマートテレビ向けアプリケーションを開発・実行するための複数のオペレーティングシステムに対応したランタイムライブラリです。

フリーソフトダウンロード
提供元:アドビ・システムズ社

Adobe AIR 必要システム構成

Windows
2.33GHz以上のx86互換プロセッサー(ネットブックではIntel® Atom™ 1.6GHz以上のプロセッサー)
Microsoft® Windows® XP Home、Professional、Tablet PC Edition SP 3、Windows Server® 2003、Windows Server® 2008、Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(64-bit版を含む)SP 2またはWindows 7

512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)

Adobe AIR の特徴

Adobe AIR は、アドビ・システムズ社が提供する最新のデスクトップ・アプリケーション/ウィジェット実行環境です。

Adobe AIR ランタイムを使用すると、同じコードをiPhone、iPad、Kindle Fire、Nook Tablet、その他のAndroid™デバイス向けのネイティブアプリにパッケージ化し、5億を超えるデバイスを対象とするモバイルアプリストアに。

OSを超えた動作が可能です。

Windows XPに限らずWindows VistaやMacOSX、Linux上でも動作するデスクトップ・ウィジェットを
単一の開発技術で開発できます。

クライアント開発技術に既存技術を流用可能。

Flex、Flash、ActionScript、HTML、JavaScriptなどの技術を流用可能です。

多様なサーバ側の開発技術

サーバサイドの開発技術もクライアントサイド(=AIR)の開発同様に技術が選べます。

ポピュラーなJava はもちろん。Flex同様にAIRのサーバ側をPHPやPerl、Rubyや.NETで構築も可能です。AIRはサーバ処理のないデスクトップで単体で動くアプリケーションも作れます。

新しいマッシュアップの可能性

AIRの内部にはHTMLやPDFを再生する技術が入っており、それらを「オブジェクト」として扱うことが可能です。例えば、特定のWebサイトのページをAIRの中で開いて、その画面をくるくる回転させたりすることができます。GoogleマップやYahoo! Mapsなどのような「HTMLで作られているアプリケーション/サービス」をAIR上で同時に表示して組み合わせて新たなアプリケーション/サービスを構築することも可能です。

「デスクトップ」との連携

AIRはデスクトップ・アプリケーションですので、ローカルのリソースと連携できます。その中でも分かりやすいのは「デスクトップとの連携」機能です。デスクトップ上のExcelファイルをAIRウィジェットにドラッグ&ドロップして、テーブルでその内容を表示するようなアプリケーションを開発することも可能です。逆に、AIRウィジェットのテーブルに表示されているデータをドラッグ&ドロップでデスクトップ上に保存するようなアプリケーションを開発することも可能です。


スポンサードリンク


PAGE NAVI

フリーソフト > Adobe AIR


フリーソフトには下記のような人気ソフトもあります。


最新の情報

Lhaplus は最新版をご利用下さい。

操作が簡単であり、シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフトです。数多くのアーカイブ形...

続きを読む »


ユーティリティ

相互リンク募集中

PC・ソフト
にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ